住宅ローン減税徹底研究

講師
住宅ローン減税とはどういった制度でどのように活用していけばいいでしょうか?

 

住宅ローン減税と言われても手続きや申請の方法が全然わからないという方も多いはず!

 

そんなあなたの疑問に当サイトはしっかりとお答えしていきます。

 

2013年末までの期限が決められていた住宅ローン減税も、2014年以降も延長されることが決定しました。2017年11月には消費税率の引き上げが決定しているため、さらに景気対策として控除額の上限の引き上げが行われることになりました。

 

住宅ローン減税でどれくらいの金額が還付されるのか、そしてより多く減税の恩恵を受けるためのコツなどもご紹介しています。

 

また、マイホームの増改築を行った場合にも控除を受けられる場合があります。

 

住宅ローンもネット銀行などが増えてきたことによって、金利や諸費用が安く、非常に条件の良いものが増えています。

 

そんな中で、住宅ローンの借り換えや繰り上げ返済を積極的に行う方も多いようです。借り換えや繰り上げ返済を行う場合には住宅ローン減税の控除の条件に注意する必要があるのです。

 

当サイトでは住宅ローン減税に関する注意点をチェックしてあなたの疑問を解決していきます。

 

また減税のメリットを最大限に活用できるおすすめの住宅ローンのランキングをご紹介しています。新規借り入れ、そして借り換えでお得な銀行を確認してみてください!

住宅ローン減税で選ぶおすすめ銀行ランキング!

住宅ローン減税徹底調査記事一覧!税金節約!【控除の注意点とコツは?】記事一覧

今回は、住宅ローン減税で還付される金額について考えてみたいと思います。現在行われている住宅ローン減税は、2009年から再び始まっていますが、10年間で最大500万円の減税を受けられる資格は、2010年12月31日までに入居した人に限られています。2011年に入居した人は、減税額が減って10年間で最大400万円となります。つまり、毎年最大で40万円ずつの減税ということになります。しかし、これはあくま...
今回は、住宅ローン減税に関する注意点について考えてみたいと思います。第一の注意点として、住宅ローン減税を見込んでワンランク上の住宅を購入したり、住宅ローンの借入額を増やしたりすることは控えるほうがいいと思います。住宅ローンに対する減税額は、所得額、住宅ローン残高、規定されされている最高額の3つの制限によって決まります。所得による制限ではなく、住宅ローン残高による制限によって、減税額が最高額以下にな...
今回は、どのようにすれば長期優良住宅と認められて、高額の住宅ローン減税が受けられるかをみてみたいと思います。高額な住宅ローンを抱えている人の所得税を控除する住宅ローン減税は、以前から行われていましたが、長期優良住宅と認定された住宅に対して、より多くの住宅ローン減税を適用するしくみが2009年から行われています。この住宅ローン減税では、条件が合えば、最高600万円の減税になります。これは、住宅ローン...
今回は、増改築を行った場合の住宅ローン減税についてみてみましょう。住宅を建築したり、新築や中古住宅を購入したりする場合に住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン減税が適用されますが、住宅の増改築を行った場合についても、同じように住宅ローン減税の恩恵を受けることができます。増改築時の住宅ローン減税の要件は、新築住宅の要件とほとんど同じです。まず、減税を受ける人の所得が3000万円以下で、10年以上の返済期...
今回は、住宅ローン減税をより多く受けるためにできることがあるか、考えてみたいと思います。現在行われている住宅ローンは、長期優良住宅に認定されると、10年間で600万円の減税を受けることができる史上最大規模です。しかし、最高額の減税の恩恵を受けるためには、かなりの年収がある上に、高額な借入額の住宅ローンを組む必要があります。上記の史上最高額である10年間で600万円の減税を受けるためには、例えば、扶...
土地の購入は?土地の購入に関するローンも住宅ローン減税の対象になりますか?減税の対象はあくまで住宅のみです住宅ローン減税の対象はあくまで住宅です。従って、土地の購入のみを行って、住宅を建てていない場合には、住宅ローン減税の対象にはなりません。しかし、住宅の購入と同時に土地を購入した場合や、土地を購入してから2年以内に住宅を建築して、建築費の一部を住宅ローンで充当した場合には、土地のローンも住宅ロー...