認定長期優良住宅の住宅ローン減税とは?

長期優良
今回は、どのようにすれば長期優良住宅と認められて、高額の住宅ローン減税が受けられるかをみてみたいと思います。

 

高額な住宅ローンを抱えている人の所得税を控除する住宅ローン減税は、以前から行われていましたが、長期優良住宅と認定された住宅に対して、より多くの住宅ローン減税を適用するしくみが2009年から行われています。

 

この住宅ローン減税では、条件が合えば、最高600万円の減税になります。これは、住宅ローン史上、最高の減税額です。

 

政府は、いままでの造っては壊すという「フロー消費型」から、いいものを造って、手入れをしながら長く使うとう「ストック型」の社会を目指しています。

 

このようなストック型社会を実現するためには、優良な住宅を長く使う必要があります。

 

長期優良住宅とは、このストック型社会を目指した建築として、政府が導入を奨励しているので、一般の住宅より高額の減税を行っているわけです。

 

では、どのような住宅であれば、長期優良住宅と認定されるのでしょうか?

 

長期優良住宅と認定されるには、国土交通省の告示にある「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」に定められている性能を持った建物でなければなりません。

 

具体的には、構造躯体に対しては、数世代にわたって使用可能である耐久性、大規模な地震後も使用可能な耐震性と、一定程度の間取りの変更が可能である可変性、点検・補修・更新などの維持管理の容易性、バリアリー改修に対応できるスペースが確保されているバリアフリー性、必要な断絶性等の省エネルギー性能が確保されていることなどが求められます。

 

また、長期優良住宅と認定されるには、住宅の規模にも制限があります。

 

一戸建て住宅の場合には、床面積の合計が75m2以上で、1階の床面積が40m2以上である必要があります。

 

共同住宅の場合には、床面積が55m2以上必要です。さらに、景観に配慮した住宅であることや、建築後の維持管理の内容や、それらを実行する資金計画なども審査の対象となります。

 

長期優良住宅の認定を受けるためには、住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁に認定の申請をします。

 

申請は、住宅の着工前に行う必要があります。また、前もって登録住宅性能評価機関の審査を受けておくと、長期優良住宅の認定がスムーズに行えます。

 

なお、長期優良住宅に認定されれば、住宅ローン減税以外にも、所得税減税や登録免許税の減額、不動産取得税に対する控除額の増額、固定資産税の軽減期間の延長など、様々な優遇措置が受けることができます。

住宅ローン減税で選ぶおすすめ銀行ランキング!